2018年10月21日

21日のNHK囲碁 山下敬吾 九段 対 伊田篤史 八段 プロフィールと予想

2018年10月21日(日)のNHK杯囲碁選手権の対局放送は、
2回戦第10局、山下敬吾 九段と、伊田篤史 八段の対局です。


山下敬吾 九段は、
北海道のご出身で、緑星学園から日本棋院のプロになられました。

ヒカルの碁で取り上げられた、初手天元や、5の5を実際に打たれたことでも有名です。
序盤から戦いを仕掛ける棋風なこともあり、序盤から読みを入れるので
終盤や難しい局面で時間が足りなくなり、
あわてて着手して、ミスすることが多いように見受けられます。

そのため、早碁は持ち時間の長い碁に比べて、あまり勝率よくないようです。


伊田篤史 八段は、
・・・万波奈穂 三段のご主人です(そいだけかい!)。

確か、今年の2月ごろに発表されたんですが、
伊田さんの方が、9歳も年下なんですよ。
許せます?
あの可愛い万波奈穂さんと結婚、というだけでもファンを怒らせたはずなのに。
年下だからって悪いことはないんですがね、なんとなくw

伊田さん、若手の実力棋士ですが、発表を聞いた時、ビックリしましたからね。

今日はTVで、「コイツが皆のアイドル棋士、万波さんをさらったヤツかぁ!」と
睨みながら、対局を観戦しましょう(笑)

という訳で、今日の対局、やまねのね の希望的
かつ少し(多めに)願いを込めた(ヒガミの入った)結果予想は・・・・・







山下敬吾プロの中押し勝ち!

伊田プロ、すいません!(笑)

何の根拠もない、単なるヤジ馬的予想でした。
ということで、悪しからず m(__)m
ラベル:NHK囲碁
posted by やまねのね at 02:23| Comment(0) | NHK杯 囲碁トーナメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする