2010年06月29日

山下敬吾天元、初の本因坊

ヒカルの碁 の初手天元打ちで有名になった(?)、山下プロ、2冠です。

羽根直樹本因坊に山下敬吾天元が挑戦する、第65期本因坊戦七番勝負(毎日新聞社主催)の第5局が6月28日、29日に埼玉県秩父市の「ホテル美やま」で行われた。結果は206手まで山下が白番7目半勝ちをおさめ、通算成績を4勝1敗として初の本因坊位に就いた。羽根の3連覇はならなかった。
http://www.nihonkiin.or.jp/match/2010/06/655629.html

名古屋出身のやまねのね としては、羽根さんも応援したいんだけど、やっぱり戦いの山下プに肩入れしちゃうんですよね。

見てて面白いから。

今回、山下プロの戦いを羽根プロが正面から受けて立って、やられちゃった感じ。
受け流してサラッ、と打つんじゃないか、そうんだとしたら、山下プロ不利かな?と思ってたんですけど。
posted by やまねのね at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁について思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154874691
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック