2007年03月15日

NHK杯準決勝 趙治勲十段vs依田紀基九段

おしゃれ碁石、スケル・ストン。

春、何かを始めたいあなた。

素敵なクリスタルカラー碁石で、囲碁を覚えてみませんか?

スケル・ストンって何?という方は→こちら

*****************************************
いやー、面白かったですね、先日(07年3月11日)のNHK杯囲碁。
準決勝第2局で、決勝進出がかかってましたから、どちらも気合が入るのは分かりますが。

プロだから最大限に張った手を選ぶのは仕方がないとしても、どちらも途中の優位を決め損なって、時間に追われて。

結果、どちらもポカに近い手を打って、両対局者のボヤくこと、ボヤくこと。

結果は、後から悪手を打った方が負ける、という法則(?)のとおり、依田プロが負け、 趙十段が決勝進出を決めました。

とにかく、依田プロってあんなにボヤいたかなぁ?がく〜(落胆した顔) と、記憶にないくらい、ぼやいていました。

まあ、局後の検討で依田プロがご自分で曰く、
「入段以来、最悪の一局だった」そうですから、ボヤくのも仕方ないですか…。ふらふら

この1年で、とかじゃなく、入段以来ですよ。

プロになってからの全対局の中で最悪、というのですから、どれだけ嫌になったか、想像はつきますが。

それにしても、そんな対局が、棋譜だけでなくて対局中のボヤキまで全国に放送されてしまう、プロ棋士という職業も何ですなぁ。もうやだ〜(悲しい顔)

棋譜を見たい方は、いつものようにこちらのサイトをご参照ください。
posted by やまねのね at 00:14| Comment(0) | TrackBack(1) | NHK杯 囲碁トーナメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35959906
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

囲碁BlogNet開設のお知らせ
Excerpt: この度、RSSによる囲碁ブログ更新情報サイト「囲碁BlogNet」を開設いたしました。 つきまして誠に勝手とは存じますが、貴方さまのブログを登録させていただきました。 当サイトは...
Weblog: 囲碁BlogNet管理者ブログ
Tracked: 2007-03-18 14:56