2014年02月11日

石をイメージする入門問題

最初は詰碁や手筋の答えを覚えちゃおう、
と書きました。
http://dailyigo.seesaa.net/article/387995789.html?1392050482

「いい形」や「手になる形」を覚えていくと、
見ただけで「怪しい形」が分かるようになってきます。



囲碁って、大脳生理学的にいうと、
パターン認識を競い合ってるんですよ。

視覚の学習余地(神経可塑性、っていいます)は、
子供の方が多いので、
一般的に子供の方が棋力向上は早く、
大人は遅いことが多いです。


プロになるには、子供のころから
訓練しなければいけないのは、そのため。


でも、大人も必ず棋力は向上します。
それには、簡単な問題を繰り返し解いて(覚えるくらい)、
早く解けるようにすること。



豆腐の角さんのブログ、
「囲碁の経営戦略」の石取り問題に啓発されて
この日記を書いているのですが、

答えがパラパラマンガのようになっている
詰碁&手筋の問題
があったら、
石のイメージがしやすくないですか?


そう考えて、入門用のパラパラ囲碁問題
pdfファイルで作ってみました。
パラパラ囲碁問題(入門1)

右クリックで「名前を付けて保存」を選択して、
ダウンロードして保存してください。

保存後、A4用紙片面で1枚に印刷します。

(pdfファイルが開かない方は(いないと思うけど)、
こちらをインストールして下さい)
http://get.adobe.com/jp/reader/


片面に8ページ入っていますので、
8等分に折って中央に切れ目を入れて、
冊子を折ります。

冊子の作り方の詳細は、こちらのブログを参照。
「手作りなら、思いのママ。」 一枚の紙で超簡単!小冊子



まあ、2線の石をアタリして取る、という
本当に初歩の問題なんですが、
パラパラマンガの要領で、イメージできますか?


これだけでは、初歩過ぎて、
見なくても分かるやん!と思われるでしょうが。
まあ、最初のテスト版、ということで(笑)
お許しください。m(__)m


A4一枚で嵩張らないし、
通勤・通学の途中とかで覚えて、
用が済んだら、捨てればいい(リサイクルでよろしく(笑))、
問題が充実してきたら、
次々にとっかえひっかえ持って行けば良い、と。



使えるかも、という方が多ければ
続けてみたいので、
ぜひ、ご意見をお寄せください。

自由にダウンロードしてもらうように、
問題、充実していきたいと思います。


ちなみに、パラパラ囲碁のアイディアの
オリジナルはこちらの、白江治彦プロの入門書から。
★囲碁ゲーム入門★


画期的な本だと思うんですが、
あまり評価されてない・・・。
パラパラ囲碁に違和感のない&なかなか初級から抜け出せない方は、
一度ご覧あれ。



ブログ&普及活動へ応援頂ければ、
↓こちらのバナーをクリック、お願いします。
blog_ranking_banner.gif



<広告>
春には春の対局があっても、いいじゃない。
梅の9路盤セット
012.JPG
posted by やまねのね at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁入門−初級講座 中級への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック