2006年12月13日

ガラス碁石、初売り上げ!めでたい!…が。

先日書いた、ガラス碁石のスケル・ストンの注文(?)、その後です。

今日、出張から帰ってきたので、確認できまして…

その結果…

















…どうだったというと…

























やった!^o^(少しはドキドキしていただけましたか?^^;)


しかも、3件も注文が入っていました。
ネットの威力、恐るべし、です。゚o゚

ただ、ここですごい事に気がついてしまった。

ガラス碁石、スケル・ストンを早く知って頂きたくて、
サイトの公開をあせったために、
以前に購入頂いた方にはメールでお知らせしていた、
ある注意事項を連絡していませんでした…orz

その注意事項とは・・・、
スケル・ストンは、手作りのガラス製なので、
形がやや不ぞろいで、大きさも揃っていないんです。

それから、形も中国製碁石のような饅頭型で、
日本の碁石のような円盤型ではありません。

日本の碁石のような、
大きさも形も揃った、規格通りの石を期待して注文を頂いたとすると、
届いたスケル・ストンの現物を見て、
「だまされた」と思われるかもしれません。

だから、お買い上げ頂く前にあらかじめ、
その点については了解しておいてもらう必要があります。

迂闊でした。
注文を受けるようにするまでのどこかの時点でお知らせしなければ、
と思っていながら、
ショッピングブログの設定がよく分からなかったので、
そのままの不十分な形で公開してしまいました。

よく分からなかったとはいえ、完全に当方のミスです。

これからは十分注意する必要があります。




という訳で、注文頂いた3人の方には、
発送前に、
メールで注意点についてのご連絡をさせて頂く事にします。


これでキャンセルになったらいやですが、
だけどこっちが悪いのだから仕方がありません。


囲碁ショップ「彩」の商品ページは、
早速、修正して、
注意書きと、よくわかるように写真を貼り付けておいた。






形が不揃いで大きさがまちまちでも、
それが手作りの暖かさを感じさせてくれるし、
そんな製品だからこの値段でご提供できる面もあるんだけど。


ただ、僕自身、
最初にこの石を見てびっくりしたのは、
2つ繋がっている石があったこと。^^;

それも結構な割合である。


スケル・ストンは中国製らしいのだが、
職人の適当さ、なのだろうか(笑)。
日本製じゃ、とてもありえない(その分、値段も高くなるけどね)。



ひびが入っていたり、割れているのもある。


それが分かったので、袋詰めする前に確認して、
ひどいのはハネている。

あ、ハネてる、といっても、
石をナナメに打る訳じゃないよ…
ツケにはハネよ、って(笑)。


あらかじめ取り除くようにしているので、
多分、入っていないと思うが、
入っていたら、大目に見てください。(笑)

それから、「これは歪んでる」と判断してハネる基準が、
石の適当さを沢山見ている内に、
だんだん甘くなってくる(笑)。

だから、お買い上げ頂いて初めて見た方にとっては、
「!」な石があるかもしれない。^^;

願わくば、このいい加減さが、
手作りの良さとして、
皆さんに受け入れてもらえるといいなぁ。^^;




日本の、蛤製の碁石は、
ほんの些細な傷や形の歪みでも、
製品化されません(傷アリとして格安で販売する店もアリ)。

宮崎の碁石工場の裏山には、
そんな少しの傷で世に出られなかった蛤の碁石が、
山ほど捨てられている、らしいんです。


実際にそんな傷モノを見る機会がありましたが、
素人にはほとんど分からないのです。

どこが「傷」なのか。


というか、知り合いのプロ棋士に、
その「傷モノ」の蛤碁石を見せましたが、
その棋士も何が問題なのか、分かりませんでした・・・^^;


確かに、棋士といっても、
碁石の品質鑑定のプロという訳じゃないので、
碁石のことが分からないのも、
当たり前といえば当たり前なのですが。

でも、プロ棋士ですら、
「私が打つならこれで十分ですね」という程度で
市場に出ない傷碁石って、
実にもったいないのでは?

(…捨てるなら、やまねのねに下さい^^;)


日本では、碁石の品質も
それほど厳密に選択している、ということです。

だからこそ、形も大きさもきっちりしていて、
それが当然のように思っているのだけれど、
そのせいであんなに高価になってしまうんだろう。



海外から遊びに来た友人が帰るとき、
お土産に囲碁の道具を紹介しようと思ったとして、
数万円もするセットは、教えられない、と思う。

多少、傷アリでもいいから、
1万円以下の蛤碁石と碁盤のセットがあっても
いいんじゃないの?
と思うのは、やまねのねだけでしょうか。

どうせ、打っている内に傷ぐらい付いちゃうんだし。

プラスチックorガラス碁石と折りたたみ碁盤があるじゃないか、
と言われるかもしれませんが、
海外の大人の友達に、プラ石と折りたたみ碁盤を、
自信を持ってお勧めできますか?



スケル・ストンが目指すのは、
気楽なオシャレなので、
ある程度、つくりがいい加減でもいいと思います。

規格がきっちりして高価になるより、
いい加減でも気軽に買ってもらえて、
気楽に使ってもらえる価格設定を優先したい。

囲碁に興味を持ったお子さんが小遣いで買える、
あるいは
囲碁を知らないお子さんにプレゼントとして買ってあげられる、
そんな価格の道具を提供したいんです。


という訳で、
囲碁ショップ「彩(さい)」
今後もよろしくお願いいたします。m(-_-)m
posted by やまねのね at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁ショップ「彩(さい)」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

クリスマスプレゼントにガラス碁石のスケル・ストンを!(笑)

クリスマスプレゼントガラス碁石、オシャレなスケル・ストンはいかがですか?

突然ですが。

街はクリスマス商戦まっただ中ですね!
それなのに・・・。

僕といったら、
われながら、オシャレで素敵なガラス碁石、スケル・ストンという、
プレゼントに最適な商品を販売しているにもかかわらず、
宣伝するのを忘れてました(^_^;)

…という訳で、さっそく、アピールさせていただきます。
皆さん、よろしくお願いいたします。m(_ _)m (^_^;)

囲碁ショップ「彩(さい)」は、こちらのサイトです^^;


これで終わっちゃ、あまりにも思いつきだけの日記ですね(ってそうなんですけど)。



えーっと。


囲碁を覚えたてのお子さまに。

最初の頃の囲碁への興味がひと段落して、
ちょっと飽き気味の、特にお嬢さんに。

一緒に囲碁を覚えて欲しい彼女に。

可愛いラッピングでこんなオシャレな碁石、スケル・ストンを贈ったら、
きっと囲碁で盛り上がれますよ。

あ、年末・年始に囲碁大会を企画していらっしゃる幹事さん、大会のちょっと変わった&オシャレな賞品としてもどうですか?!


まだ、発送は間に合いますが、
念のため、余裕を持ってご注文下さいね。(^o^)
posted by やまねのね at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁ショップ「彩(さい)」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

ガラス碁石、初のオンライン注文?

今日、出先で確認したところ、ネットショップ彩からスケル・ストンを注文して下さった方がいるらしい。

らしい、というのは、出先からの管理画面に入る術が今のところ無く、確認できないので確かなところが分からないのだ。

その方はmixiの足跡からたどってスケル・ストンのことを見つけて下さり、メッセージを下さったから、分かったのだ。

まだ帰宅していないので分からないが、初めてのネット販売成立か?(^^)/

結果はまたご報告します。
posted by やまねのね at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁ショップ「彩(さい)」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

ガラス碁石スケル・ストンとOB対局

ガラス碁石のスケル・ストンとOB対局なのだ。


今日から、囲碁に関する日記を書くことにします。

自分自身の記録のためと、ちょっとした宣伝です(笑)。

今日は2つの記念すべき日でした。

ひとつは、今まで、会社で囲碁同好会を開催してきたが、あまりメンバーが集まらなかった状況でした。
それが先日、突然、OBの方から「囲碁部の定期会に参加せよ、という連絡があり、今日、その会に初めて参加してきたのです。

我が社に昔、囲碁部があったことは、碁盤や碁石が残っていることから確かだったのですが、今はほとんど活動していない様子で、会社で囲碁を打っている人は見かけません。(碁盤、碁石は引き継いで使わせてもらっています)

それが、突然、昔のメンバーから連絡がいただけ、思っても見なかったので、とても嬉しかったのです。

そして、今日は初段(!・・・それは無い、ない)で参加して、3局打ち、1勝2敗。
本当は4局打つはずだったのですが、若干、用事があって若干遅刻したので、最初、相手がいなかったのです。

OB会員の皆さん、強かったです。^^;

勝った一局も、やっとの逆転でした。
勝つのは、いつもこのパターンです。

厚く打つことを考えているのですが、地で遅れてしまって、
ただダメを打っているだけにされてしまい、
攻めきれずに失敗するパターン。

もっと勉強しないといけません。

定例会後の飲み会にも参加し、
先輩方は陽気で、たわいない事で互いにののしりあいながら(笑)、
朗らかなひと時でした。


2つめ。

以前から懸案事項だった、カラー碁石(ガラス碁石)のスケル・ストンのオンラインショップを、やっと開店できた。

seesaaのブログを利用した、彩(さい)という囲碁ショップ

興味のある方は、見てみてください。

囲碁ショップ「彩」です。

スケル・ストンはオシャレな碁石で、
女性には人気が出ると思うんですよね。

値段も手ごろでしょ?
posted by やまねのね at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁ショップ「彩(さい)」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする